集中力のないライターが1日1万文字書くコツ

仕事関係

フリーランスになってから1年以上が経過しました。しかし、いまだにライティングは遅い方ですし、集中力も気力もありません。

ただし、いろいろな面で自堕落な私でも、納期に急かされると1日1万文字書けまます。(もっと書いている人はいるでしょうが、私の最高は1日1万文字です)

そこで今回は、集中力の続かないライターが1日1万文字書くコツを紹介していきます。

スポンサーリンク

1日1万文字書くためのコツ

1日1万文字書くコツは、書く前から「書かなきゃ、早く……」と考えすぎる部分をどうにかします。

  • 全部通して書こうとしない
  • まずひとつの段落を書くと決める
  • 間に数分の休憩を何度も挟む

つまり、最初から全部書こうとするからやる気が起こらないんです。だから、段落ごとに書いて休憩するとハッキリ決めることで、気負わずに書き続けられます。

そもそも集中力強化の書籍が溢れかえっている状況を見てもわかるとおり、みんな集中できないんです。

なので、自分だけじゃない、「集中力なんて続かなくて当たり前だ」という意識を強く持ち、気楽さを前面に出して作業の合間に休憩すると決めておきます。

数分の休憩タイムですること

私は休憩時に、漫画を読んだりyoutubeで動画を見たりしています。もちろん、そのまま夢中にならないように、動画は軽く見られる動物系とか食べ物系ですね。

漫画はキンドルの読み放題で読みきり漫画を漁っています。ただし、読み漁りまくっているのでそのうち読む漫画がなくなりそうな勢いですが。

動画や漫画を見ない場合は、お茶やカフェオレを飲みながらぼんやりして目を休ませています。ホットタオルを目の上に乗せる疲れ目対策もおすすめ。

ちなみに、この方法だと時間が非常にかかりますので、専業ではないと難しいです。家庭を持っている人も実践できないでしょうね。

というわけで、とくに誰の参考にもならないと思いますが、自分なりに出来る方法を試行錯誤する気持ちは大切だということです、はい。

仕事関係
スポンサーリンク
まるをフォローする
スポンサーリンク
ぶひ日和
タイトルとURLをコピーしました