断捨離するとき、何から捨てればいいのか?

こころと体
この記事は約4分で読めます。

ほんの数十年前までは、たくさんモノを持っている生活がステイタスのような風潮がありました。しかしここ数年で、シンプルライフを目指す人が増えています。

そこで流行し始めた言葉が、「断捨離」です。

断捨離とは、単純に物を捨てるだけではなく、周りとの調和をはかろうというヨガを元にした考えのこと。「やましたひでこ」さんという方の本で提唱されました。

ただいきなり断捨離するぞ! と思っても、いったい何から捨てればいいのか分からない、という人もたくさんいるはず。

そこで今回は、断捨離にどう取り組むべきかを解説していきます。

スポンサーリンク

断捨離とは?

断捨離とは、「入ってくる物を断ち、不要な物を捨て、物への執着から離れる」という意味があります。

そうすることで、今より環境が良くなるということ。そこで考えるべきなのは、なぜそんなに物が溢れているのか、という現実でしょう。

新しい物を買えば、自分が変われると感じているからです。逆に考えると、現状に満足していない証拠でもあります。

つまり、精神的な不満が、新しい物を次々買うという形で表れているのです。

しかし、物が溢れた空間にいると掃除の手間はかかるし、ゴチャゴチャしていることで更にストレスにもなります。

シンプルライフを目指すなら、物を捨てながら自分の気持ちも整理していく必要があるのです。

最初に断捨離するモノ

まずは確実にいらない物、不用品を家中から探してください。最初に断捨離するモノは、要するにゴミです。

初心者の方は、なんでもかんでも捨ててしまうとあとで後悔します。ですので最初はゴミを捨てるのです。

壊れている物や、いつか捨てようと思って押入れの中にしまい込んでいるゴミがあるはず。まずはソレらを捨ててください。

  • 処分済みの携帯や電化製品の説明書
  • 期限切れのクーポン券
  • 光熱費やお給料の明細書

など。紙類ってけっこうためてしまうんですよね。

使用済みの乾電池やプリンタのインク類も、いつか捨てようと思ってそのままにしている人も多いはず。私もよくやります。

すぐに電気屋さんやホームセンターで回収してもらいましょう。まずはこういった確実にゴミだと認識できる物を捨てていくのです。

断捨離に慣れたら捨てるモノ

次に挑戦するのは、「何年も使っていない物」です。これは誰もが持っているはず。

  • ずっと着ていない服飾品
  • 数回しか使っていないキッチン用品
  • もう何年も読んでいない雑誌や書籍

いつかまた使うかもしれないと思って、何年も使っていない物があるのなら思い切って捨てましょう。その「いつか」は来ません。

なかでも捨てやすい物は洋服。もう何年も着ていないなら、この先着ることはまずないでしょう。

どうしても捨てられないと思うなら、この先その服を着る機会を想像してください。

捨てられない気持ちは執着心の表れです。なぜ物に執着するのか、それは捨てると不安を感じるから。持っていることで何かが得られると思い込んでしまっているのです。

でも考えてみてください。たかが洋服を一着捨てたところで、この先の人生に不幸など訪れません。

なぜ自分はコレに対して執着しているのだろうと考えて、気持ちも同時に整理しながら断捨離を進めていくのです。

ただし、書籍に関しては悩みどころ。何年か経ってからまた読みたくなるかもしれない……、そんなときは思い切って電子書籍化にしてしまうのもひとつの手です。

基本は買わないこと

断捨離を実行するうえで大切なのは、今以上に物を増やさないこと。片付けながら新しい物を買っていたのでは意味がありません。

欲しいものができたら、今持っている物で代用できないかを考えてください。それか、「1つ買えば1つ捨てる」という自分ルールを決めておくのも良いでしょう。

断捨離を進めていくと、毎日が暮らしやすくなります。物が少ないので自然と整理整頓でき、何かを探して部屋中を駆け回る経験もありません。

物を買わない生活を目指し、今あるモノを大事にしようとすると、現状で満足できるようになります。

まとめ

断捨離は、まず確実に捨てられるモノから始めてください。捨てることに慣れたら、どうしてモノに執着しているのかを考える経験も重要です。そうして不用品をどんどん処分していきましょう。

便利で何でも手に入るのはいいけれど、逆にモノが溢れてゴチャゴチャしてきている現実にうんざりしている人がたくさんいるから、シンプルライフが流行しているのです。

断捨離を着実に実行していって、暮らしも気持ちもスッキリさせてください。そうすると、今より快適なライフスタイルが待っていますよ。

タイトルとURLをコピーしました