デンタルフロスはした方が良いという話。

こころと体
この記事は約2分で読めます。

私は30歳を超えた頃から、口臭に悩まされるようになりました。

自分でも自分の臭いが分かったので、周囲の人たちにはかなり迷惑をかけていたと思います。当時の職場の人たち、申し訳ないです^^;

どんな口臭かと言えば、「ドブのような臭い」と表現するのが近いでしょう。かなり臭っていたので、自分でも悩んでいろいろと対策をしました。

スポンサーリンク

実践した口臭対策いろいろ

まず、私が行った口臭対策は簡単なものです。唾液が減少すると細菌が増えて臭いの物質を発生させるそうなので、飴を舐めて唾液の分泌を促したり、塩でうがいをしたり。

塩はなんとなく、塩うがいをしておけば口の中のことは解決すると安易に思ったのです。

もちろんしっかり歯磨きもしていたのですが、一向に口臭はなくなりません。そこで私が次に試した方法が、デンタルフロスです。

結果をいうと、このデンタルフロスが私には効果てきめんでした。どうやら私の口臭の原因は、歯と歯の間に詰まった食べ物カスだったようです。

歳を経て、歯と歯の隙間が空くようになったとは感じていましたが、そこに食べ物のカスが入り込み、歯磨きだけでは対応できなかったのでしょう。

デンタルフロスはコスパ良し

ちなみに私は使い始めの頃、1回使用したらデンタルフロスを捨てていました。しかしそれだとコスパもかかるし、勿体ないと感じるように……。

そこでデンタルフロスを実践していた母に聞いたところ、「1回で捨てるなんて勿体ない! あれは何回も使うものよ!」と言われました。

あ、そうなのね。てっきり1回で使い捨てるものだと思っていました。今では心置きなく何度も使用しています。ボロボロになるまで使っているので、かなりコスパは良いですね。

最初はそこそこの値段の物を使っていましたが、今では「小林製薬の糸ようじ」になりました。値段も安いし、amazonのお得用だと60本も入っているので1回購入するとかなりもちます。

めんどくさいけど慣れたら大丈夫

初めてデンタルフロスを使ったときは出血しましたが、慣れてくると血も出なくなります。

ただし、デンタルフロスは非常にめんどくさいです。私はズボラなので面倒な作業はしたくありません。しかし、サボるとすぐに口臭がひどくなるので、やらなくてはいけない状況になっています。

時間をかけて自分をなんとか慣らしていくと、今では歯磨きのあとにデンタルフロスを使わないと気持ち悪くなりました。慣れって大事ですね。

デンタルフロスを使用するようになった今では、口臭に悩まされることはなくなりました。

もし年齢を経て口臭が気になるようになった場合、それはデンタルフロスで解決するかもしれませんよ、というお話でした。

タイトルとURLをコピーしました