確定申告のクレジット仕訳は一回で大丈夫らしい

仕事関係
この記事は約3分で読めます。

個人事業主の方は、毎年この時期になると確定申告の準備に追われているかと思います。

私はMFクラウドを使って帳簿をつけているのですが、クレジットカードの仕訳で躓き、かなりアタフタしていました。

が、解決しましたので、その経緯をブログに残しておきます。

スポンサーリンク

青色申告の65万円控除のため複式簿記に

私は開業届を出しているので、青色で確定申告を行います。青色で確定申告すると、特別控除65万円が受けられるのです。

ただし、複式簿記で帳簿をつけなければ特別控除は受けられません。簡易簿記での申告も可能ですが、その場合は65万円の特別控除が受けられなくなるので注意してください。

ちなみに青色(簡易簿記)と白色の場合、控除額は10万円になります。

65万円の控除を受けるためには、面倒な複式簿記での帳簿付けが必須なのですね。

特別控除が受けられると、所得から65万円が引かれて税金が計算されるのでお得になります。

どれくらいお得になるのかは、こちらのページでだいたいの金額が簡単に計算できます。

個人事業主のかんたん税金計算シミュレーション|スモビバ!
節税効果が高いと言われる青色申告。実際に青色申告65万円控除と白色申告の場合の納税額をくらべて、確定申告時、どれだけ個人事業主の方が節税できるか計算シミュレーションしてみましょう!

クレジットカードでの仕訳方法

私、去年もクレカの仕訳で悩みました。そのため、この記事は来年の自分へ向けても書いています。いいかげん覚えて!

例)8月20日に消耗品1,000円をクレジットカードで購入(クレジットの引き落としは9月27日)

上記のような例の場合、仕訳方法は複式簿記だと2回に分けて処理します。

8/20 消耗品費 1,000円/未払金 1,000円
9/27 未払金 1,000円/普通預金 1,000円

これを1回で済ます方法がこちら。

9/27 消耗品費 1,000円/普通預金 1,000円

購入した日ではなく、引き落とし日に処理するんですね。この方法だと一回で済むので楽チン。年度を跨ぐ場合は未払金処理でOK。

参考にさせていただいたのはこちらのブログ。

フリーランスの確定申告をぶっちゃける2 – 青色申告の鬼門、クレジットカードの仕分け
前回の記事、フリーランスの確定申告対策をぶっちゃける 1 – 青色申告と白色申告、手間も考慮した本当の費用対効果の続きを書いてみます。 まず、前提として、これは複式簿記で記帳する青色申告の話です。簡易簿記の青色申告だと一気に簡単になるので、65万の控除いらない方はそっちがオススメ。詳しくは前回の記事を。 今回は、「青色...

ただし、「この方法だと65万円の控除が受けられないのでは?」という疑問が出てきますが、ブログでも書かれている通り税務署に聞いたら問題ないとのことです。

一応、税務署に電話で確認してみた

税務署では、確定申告についての相談を電話でも受け付けています。

平成31年1月4日(金)から3月15日(金)までの期間、確定申告に関する次の国税についてのご相談やお問合せなどを受け付けております。

・所得税及び復興特別所得税
・個人事業者の消費税及び地方消費税
・贈与税
・申告相談会場の所在地や開設時期のお問合せ
・申告書の送付に関するお問合せ  など

引用元:国税に関するご相談について|国税庁

一応、最寄りの税務署に電話して聞いてみましたが、すぐに繋がって回答を得られました。「クレジットカードは引き落とし日で処理して大丈夫、65万円の控除も受けられる」とのこと。

ただし、この時期は電話でも待たされることが多いと思います。今回の私はすぐに繋がったので運が良かったのでしょう。

税金に関する都道府県別の相談窓口

税についての相談窓口は、こちらのページに都道府県別の電話番号が載っています。

最寄りの税務署を選んで電話すると、音声ガイダンスが流れます。確定申告の相談は「0」番を選択します。

時期によってガイダンス内容が変わる可能性がありますので、国税庁のサイトで必ず確認してください。

「0」番を選択すると職員や税理士などに繋がり、相談を受け付けてくれます。電話する前に相談内容をまとめておくと、スムーズに話が進むでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました