Webライターなのかライターなのか?

ライティング
この記事は約2分で読めます。

Webライターとライターは、書く媒体が違います。Web媒体で記事を書く人がWebライター、紙媒体で記事を書く人がライターです。

私はWeb媒体の記事を書いているのでWebライターですが、ライターとも名乗っています。どちらも名乗っている理由は、ただの気分です。

しかし、私は紙媒体でのライター経験がありませんので、実際のところ、細かい違いは分かっていません。それでも違うと断言できる理由は、まず書き方からして違うことは理解しているからです。

スポンサーリンク

紙媒体とWeb媒体の違い

紙媒体はSEOを意識しませんが、Web媒体は必ずSEO(キーワード)を意識します。

紙媒体はクオリティが高く、専門的な知識が必要なのに対して、Webはなんの知識がなくてもできる仕事がたくさんあります。

原稿料も紙媒体の方が高いでしょう。

簡単に説明しただけで両者は明確に違いますし、知識も経験もなく始められるのがWebライターです。

別にWebライターを見下しているわけではありませんが、少し卑屈になっているのも事実。

そのため、Webライターは紙媒体ライターにコンプレックスがあると感じています。ま、それは私だけかもしれませんが。

ライターを取り巻く環境の変化

ただし、昨今では事情が変わってきています。というのも、紙媒体がWebに進出してきているからです。

さらにWebライターも高クオリティの記事を求められるようになりましたし、単価が紙媒体並みのWebライターさんもいるとお聞きします。

紙媒体自体が減ってきている状況で、ライティングのみで食っている人間からしたら、紙だのWebだのこだわっていられないのではないでしょうか。

実際、紙媒体ライターさんがWebサイトに記事を寄稿するようになったのを、あちらこちらでお見かけしています。

紙とかWebとか関係ない

媒体によれば、Webライターでも取材しますし、専門的な記事を書いているのはもう珍しくはありません。

だから思うのですよ、もう両者にあまり違いはないんじゃないかと。

確かにWebライターは入り口が広く専門知識が不要な仕事が多くありますが、そこから強みを見つけてライティングの幅を広げていくのは自分次第なんじゃないかと感じます。

だからWebライターでもライターでも、自分の持ち味を活かせる仕事をしているならあまり呼び名を気にする必要はないのではないかと、ふと思いました。

タイトルとURLをコピーしました