キャッシュレス・消費者還元事業が始まってから楽天Edyを使うようになったよ

お金のこと
この記事は約5分で読めます。

2019年10月1日から消費税が10%に増税されました。それに伴い、「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されています。

「キャッシュレス・消費者還元事業」とは、キャッシュレス決済を利用することで消費者に最大で5%還元される制度のこと。お店やネットショップで「5%還元」とか「キャッシュレス還元」という文言を見た人も多いはず。

この制度が始まってから楽天Edyを使うようになりました。ただし、5%還元が目当てではなく、日常で手間を感じたので楽天Edy決済するようになった話を今回はしていきますよー。

スポンサーリンク

キャッシュレス・消費者還元事業で感じた手間

私がよく利用しているスーパーのセルフレジでは、クレジットカード(もしくはデビットカード)や楽天Edyが利用できます。

しかし、「キャッシュレス・消費者還元事業」によって、楽天Edyは今まで通り使えますが、クレジットカード決済をする場合は店員さんを呼ぶ必要が出てきたのです。

店員さんに確認したところ、「キャッシュレス・消費者還元事業」で還元するため、クレジットカード決済する際、セルフレジで商品を通したあとに端末で作業する手順が増えたとのこと。

片手で持てるほどの大きさの端末を指差しながら店員さんが説明してくれました。せっかくのセルフレジなのに、複数の店員さんが常駐するようになってお店の人も大変でしょうね。

で、いつもデビットカードで支払っている私はどうしたものかと……。

おすすめの使いやすいデビットカード3枚を紹介。還元率と手数料が重要だよ
デビットカードはクレジットカードのようにキャッシュレスで支払いができるし、その場で銀行口座から利用金額が引き落としされるので、お金の流れが非常にわかりやすいです。今回は、私が実際に利用して使いやすいと思ったデビットカードを3枚ご紹介していきます。

このスーパーではセルフレジのほうがいつも空いているので、デビットカードを使うためにわざわざ有人レジに並ぶよりは、今まで通りセルフレジで支払いたいと思いました。

そうなると、支払いの段階になって店員さんに作業してもらうのですが、それだとセルフレジのメリットがかなり失われていると感じます。

なので、店員さんを呼ばなくても支払い可能な「現金」か「楽天Edy」を選択することに。ただし、もともと現金支払いはあまりしていなかったので、それならと、楽天Edyを使うようになったのです。

「キャッシュレス・消費者還元事業」とは

「キャッシュレス・消費者還元事業」とは、現金払いではないキャッシュレスでの利用を推奨する政府の事業です。

主なキャッシュレス決済の方法

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
  • スマホ決済

日本は海外と比べると、キャッシュレス化が遅れているとずっと言われていました。政府としては増税で消費が落ち込なまいように、少しでも消費者に還元しつつキャッシュレス化も狙っているのでしょう。

そこで、「キャッシュレス・消費者還元事業」に参加した加盟店でお買い物すると、最大で5%還元されるという仕組みを推奨しているのです。

ただし、消費者還元期間は2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間限定

要するに現金ではなく、クレジットカードや電子マネーをどんどん使おうということ。

還元していけば消費者にもメリットになるし、政府もキャッシュレス化が進めば嬉しいので両方にとってプラスになると考えたのでしょう。

楽天カード付帯の楽天Edyを使うように

そんなわけで楽天Edyを使うようになったのですが、新しくEdyカードは入手していません。もともと持っていた楽天ピンクカードに付帯している楽天Edyを使うようになりました。

数年前までは通常の白い楽天カードでしたが、ピンクカードが登場してから「色」に惹かれて切り替えたのです。ピンク色かわいいよー。

切り替え時に楽天Edy付帯を選択できたので付けました。私はあまり電子マネーを活用していなかったのですが、一応付けておこうと思ったのです。

この楽天Edyをスーパーで使うため、お店にあるEdyチャージャー(現金入金機)で現金チャージしています。

現金でのチャージならその場で完了するのですが、楽天カードからチャージする場合は、楽天カード会員が利用できる「楽天e-NAVIページ」でチャージ設定後、受け取り作業が必要になります。

また、還元された分も受け取らなければいけません。

楽天Edyを使うと還元されるので受け取る必要がある

楽天Edyで支払うと、「キャッシュレス・消費者還元事業」対象店舗なら5%還元されます。この還元はEdyに還元されるので、受け取り作業が必要になるのです。

還元されるたびに、楽天Edyから「Edyお受け取りのお願い」というタイトルのメールが来るようになりました。

受け取る方法は、スマホアプリなら設定画面で受け取りできますが、カードタイプならファミマにあるfamiポートかスーパーなどにある赤いチャージ機にEdyを置いて「受け取り」をタッチする必要があります。

還元されるまでの期間は決済してから約1ヶ月ほどですね。画像の受け取り明細は、楽天Edy公式ページから確認できます。

楽天Edyは、楽天グループのプリペイド型電子マネーです:楽天Edy
電子マネー「楽天Edy」は、全国の加盟店で使えて好きなポイントも貯まる!

あとがき

もともとキャッシュレス決済を利用しており、現金支払いをあまりしてこなかったので、この「キャッシュレス・消費者還元事業」自体にはとくに大きなメリットはないだろうと思っていました。

(期間限定で5%還元するより消費税そのものを減らしてほしい……)

しかし、過去に何度か利用した経験はあったけれど、改めて楽天Edyを使ってみると使いやすさを再発見。

かざすだけで支払いが出来る点はとても便利だと感じました。クレジットカードやデビットカードだと、店舗によっては暗証番号の入力が必要ですからね。

今後、キャッシュレス決済に関しては、クレジットカードやデビットカード、電子マネーなど、TPOに合わせて使っていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました