映画「キャプテン・マーベル」の感想/MCU初の女性ヒーロー単独作品

映画
この記事は約4分で読めます。

映画「キャプテン・マーベル」の字幕版を観賞してきました。

アメコミのMCUシリーズ(マーベル・シネマティック・ユニバース)はすべて観ているので、マーベルさんには期待しかありませんでしたが、予想を遥かに上回るほど凄まじかったです。

スポンサーリンク

マーベル初の女性ヒーロー誕生

MCUシリーズには女性を主役にした作品がありませんでした。

しかしMCUにも女性ヒーローがいるので、単独映画の話は以前からあったのです(ブラックウィドウとか)。でも実現しなかった。

以前から女性ヒーロー映画はヒットしないと言われていたから、制作陣が二の足を踏んでいたのでしょうね。

そうこうしているうちに、DCコミックスの女性ヒーロー「ワンダーウーマン」単独映画が世界中で大ヒットを飛ばすことに。

この事実が制作サイドを刺激したのは、おそらく間違いありません。

そんな状況の中、全くシリーズに登場していなかったキャプテン・マーベルがいきなりMCU初の女性ヒーロー単独映画になったのです。

私はアメコミ映画は好きですが、原作についてはほとんど知りません。

だからどうしてキャプテン・マーベルを主役にした映画が作られたのかは分かりませんが、ここ数年でのmetoo運動や、活発になった「性差別を許さない」という動きが影響を与えたのかなと思います。

強者(男性)によって虐げられてきた弱者(女性)が立ち上がるプロットを、求める人が増えてきたのでしょう。

実際、作品中にもマーベルが男性に敵わず、「女はダメだ」と言われて悔しい思いをする描写が何度も何度も挟みこまれています。

映画「キャプテン・マーベル」の感想

映画『キャプテン・マーベル』本予告

マーベルには大きなパワーがあるのですが、それは彼女が所属するチームリーダー(ジュード・ロウ)によって押さえつけられていました。

しかし最終的にマーベルは自分の能力を解放して立ち上がります。スーパーパワーを発揮して宇宙を駆け回り、圧倒的な力の差を敵に見せつけるのです。

このとき、男性に敵わなくて悔しい思いをしている今のマーベルと同時に、過去のマーベルも立ち上がります。

小さいマーベル、大きくなったマーベル、何度も何度も辛酸を味わってきたマーベルが同時に立ち上がるシーンは涙が出そうになるほど感動しました。

感動した理由は、私が女性だからという点も大きく影響しているでしょう。女性として生きていると、少なからず性差別を受けてきた経験が誰でもあります。

そういった体験をしている人がこの映画を観ると、かなりの爽快感を得られるでしょう。

とくにマーベルが自分をずっと押さえつけてきたジュード・ロウをぶっ飛ばすシーンは、手を叩いて「よしっ!」とガッツポーズを取りたくなるほどスッキリしますよ。

マーベルを演じるブリー・ラーソンの、良い意味でのアクの強さも出ているので清々しさがたまりません。(彼女はキャラではなく本当に力強さを感じさせるタイプです。)

弱者だった女性が苦難を乗り越え、自分の価値に気づき周囲を圧倒させるというプロセスは、今の時代にとても受け入れられる要素なのだと感じます。

MCUシリーズのファンとして微妙な心理

映画自体はとても楽しかったのですが、MCUシリーズのファンとしては、いきなり出てきて圧倒的な強さを見せつけるキャプテン・マーベルに「んん?」と思わなくもありません。

今までの単独作品でこれほどまで強かったヒーローはいませんからね。宇宙をブンブン飛びまくるし、フォトンブラストというビームを発射しますし。

「キャプテン・マーベル」の次作である「アベンジャーズ/エンドゲーム」は、10年以上展開してきたシリーズのフィナーレとなる記念すべき作品。

エンドゲームは2018年に公開された「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の後編です。

インフィニティ・ウォーで絶望的な状況に陥ったヒーローチームを、おそらくマーベルが救うのだろうと思わせられる描写によって、映画「キャプテン・マーベル」は終わります。

シリーズを追いかけてきたファンとしては、「いきなり出てきた新人ヒーローにおいしいところを持っていかれるのかな……」という想いが少しあるのですよ。

マーベルさんはとてもカッコイイし、強い女性キャラが活躍する作品は見ていて爽快感があります。単独映画としては大成功だと思いますが、なんとも微妙なファン心理に包まれている状態……。

ただし、MCUシリーズは10年という節目を迎えて分岐点に差しかかっていることを考えると、ファンとしては世代交代も含めて新しいヒーローを受け入れていかないといけないのでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました